血管造影検査

血管造影検査【いまさら聞けない看護技術】

【血管造影検査】は、血管性病変や腫瘍の診断を行う上で重要な検査です。動脈への穿刺や造影剤使用などが必要なため、ある程度侵襲が大きな検査ともいえます。ここでは、病棟看護師として必要な、検査前のアセスメント、検査後のケアのポイントなどをおさらいしてみます。

血管造影検査のチェックポイント

看護師が行うべきケアのチェックポイントについてポイントをあげてみます。

  1. 検査の目的を理解し、患者のリスクを評価したか
  2. 患者は検査の目的や方法等を理解し、身体面・精神面での準備ができているか
  3. 緊急時の対応への準備は整っているか
  4. 検査中、患者や看護師の安全は守られているか
  5. 検査中・検査後の合併症はないか、終了後の止血は十分に行われているか

検査の目的を理解・患者のリスクを評価

まず、1.についてです。患者さんの病態によって、検査のみなのか治療も行うのか、穿刺動脈はどこか、検査や治療に伴う偶発症は何か、これらをしっかり把握します。また薬物アレルギーや出血を起こしやすい素因の有無、炎症や感染症の有無、心不全や腎不全がある場合もリスクとなりますので、これらがどう評価されているかも事前に把握しておきましょう。

特にヨードアレルギーは血管造影自体が禁忌となりますので、初めての患者さんでは医師によるヨードアレルギーのテストが必要です。

患者さんへのサポート

次の2.は主に患者さんへの指導になりますね。血管造影は、検査中の灼熱感があること、動くと危険であること、検査後も下肢を伸ばしたままでの安静を強いられることなど、多くの苦痛を伴う検査です。特に排泄もベッド上となるため、事前に床上排泄訓練を行う場合もあります。さらに止血のために固定を行うので、予め除毛が必要な場合もあります。これらを全て把握し、患者さんの身体面だけではなく、精神面でも上手にサポートしていくのも看護師の役割です。

緊急時の対応への準備

次の3.は主に血管造影室でのポイントです。検査中の緊急事態に備え、救急カートは常に点検を行い、いつでも使用可能な状態にしておきます。また、検査中は心電図や血圧計などのモニターを装着し、異変があればすぐに知らせるように説明します。

次の4.ですが、検査中は異物の挿入による感染が問題となりますので、無菌操作が重要なポイントです。また、X線の暴露もありますので、看護師自身も距離・遮蔽・時間を念頭に置き、適切な介助を行います。

検査中・検査後の合併症

最後に5.です。検査中は主に、造影剤による副作用(ショック)・血栓症・血管内膜剥離・血管の穿孔・出血などの偶発症が考えられます。検査後は、検査中の偶発症に加え、穿刺部末梢動脈の循環障害および閉塞・感染などがみられます。これらの兆候が何かを把握し、経時的な観察が必要です。また血管造影室では穿刺部の消毒やガーゼの貼付、枕子や砂嚢による圧迫止血を行ってきます。

病棟への帰室時に、穿刺部位・止血の仕方(砂嚢の重さや当てる位置、止血時間など)等しっかり申し送りを受け、病棟でも継続して行いましょう。

造影剤排泄のためのケア

血管造影で使用する造影剤は尿から排泄されますので、どの程度排泄されているかを確認するために、尿比重尿量を観察します。一般に、造影剤を使用すると浸透圧の関係で尿量は増えますが、尿閉を起こすこともあるので、尿意の確認下腹部の膨満感などを観察し、場合によっては導尿することもあります

また尿比重は高くなりますので、基準値内に戻るまで飲水や輸液などで水分を十分に補います。

というわけで

いかがでしたか?今回は「血管造影検査」についておさらいしてみました。血管造影は検査だけではなく、血管塞栓術や血栓溶解療法などの治療で行う場合もありますね。期待される効果も高いのですが、患者さんにとっては侵襲の大きな検査・治療法となります。看護師たるもの、基本的なポイントは押さえて、患者さんのケアにあたりたいですね。

本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!