皮内テスト

皮内テスト【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 薬剤に対するアレルギー反応の有無を判定する

必要物品

  • 皮内テスト用シリンジ
  • 皮内テスト用注射針
  • テスト用薬剤
  • 消毒綿
  • タイマー

方法

  1. 医師の指示内容を確認する
  2. 薬液はダブルチェックを行い、正確に準備する
  3. フルネームで患者確認を行う
  4. 患者のプライバシーに配慮しながら、必要な部位を露出し消毒を行う
  5. 注射針や注射器が動かないよう片手で固定する
    ※血液の逆流がないことを確認し、血液が逆流する場合抜針する
  6. 異常のないことが確認できたら固定したまま薬液を注入する
  7. 必要な場合、対照液(生理食塩水など)も同様に皮下注射する
  8. およそ15分後にアレルギー反応の有無を確認する

観察項目

  • 注射部位から中枢にかけての発赤・膨疹・疼痛・掻痒感など
  • しびれ感・熱感・頭痛・眩暈・耳鳴り・不安・発汗・悪寒・発疹などの全身症状
  • 頻脈・血圧低下などの循環器症状

アセスメント

  • 何らかの異常を感じた場合、緊急性の高いものであるかを判断する
  • アナフィラキシーショックなどの症状が現れた場合、重症度について考える
    • 軽症: 注射部から中枢に向けての疼痛・熱感や、悪心・嘔吐などはみられるが、血圧低下は認めず
    • 中等症:顔面蒼白・発汗・冷汗・嘔吐や、呼吸困難・顔面浮腫・声門浮腫・気管支などの気道閉塞がみられ、血圧低下を認めるが意識障害はみられない
    • 重症: 血圧測定不能・不整脈・脈拍微弱・痙攣・高度の喘鳴・泡沫状の喀出痰などがみられ、さらに進行すれば、チアノーゼの出現・四肢蒼白となり、心肺停止となる

注意点

  • 投与に際し、ショック等に対する救急処置が取れるよう準備をしておく必要がある
  • 投与開始から投与終了まで、患者を安静の状態とし十分な観察を行い、投与開始直後は注意深く観察する
  • 現在、皮内テストは意義が薄く行う必要がないことが厚生労働省からの文書にもあり、皮内テスト用の別添薬剤が無い場合もある
  • 実際に皮内テストを行うか否か医師にしっかり確認する
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE