いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

心カテーテル法の介助

心カテーテル法の介助【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 心カテーテル法の介助を適切に行う

検査の概要

  • カテーテルを動脈あるいは静脈に挿入して心臓血管内の目的地まで到達させて行う検査であり、造影を行うことにより正確な血行動態の評価や形態の観察が可能となる
  • 主なものに心血管造影と血行動態検査がある

心血管造影

  • 造影剤をカテーテルから注入することによって心臓血管の内腔を描出し、シャントの有無や血管狭窄の有無あるいは心室壁運動の評価などを行う

血行動態検査

  • 酸素飽和度や心血管内圧を測定し、心拍出量などの算出、シャントや圧較差の有無を行う
血行動態検査を施行した後に、状況に応じて造影を施行する流れが一般的である
  • その他の心カテーテル検査として、血管内視鏡検査、心内膜心筋生検、電気生理学的検査(EPS)、血管内超音波検査(IVUS)などがある

アセスメント

  • 心カテーテル検査の適応となる疾患は、不整脈、心筋梗塞、弁膜症、狭心症(または疑い)、先天性心疾患、心筋症、開心術の術前、原因不明の心不全、開心術などがある

看護のポイント

  • 検査前にパンフレットを用いてオリエンテーションを施行する
  • 検査中は疼痛が出現する場合があるが、我慢をせずに伝えるよう説明する

検査前

  • 医師から指示が出ている検査を受けてもらい、それぞれの検査値について把握する

血液検査

    • 主として感染症の有無やWBC、CRPなどの炎症所見、凝固機能(PT、INR PLT)、腎機能(BUN,Cr)、心筋逸脱酵素(CK、CK‐MB)貧血(Hb)などを必要に応じて行う

胸部レントゲン写真

    • 心不全の合併や心拡大の有無などを合わせて確認する

12誘導心電図(場合によってはダブルマスター)

    • STの変化やリズムの異常を確認し、過去に虚血の既往症があったかどうかを確認する

心臓の超音波検査

    • 心臓の動き、大きさ、各弁の逆流の有無、駆出率などが分かる

検査中

  • 検査室入室は、状況に応じてストレッチャーもしくは車椅子で行う
  • 入室前に前投薬投与を行う
  • 検査中は適宜、声かけを行い、緊張を和らげ、安心感を与えるような援助を行う
  • 心電図モニターの観察を行い、胸部症状の自覚の有無を確認する
万が一、合併症が起こった際、迅速に対応ができるよう、除細動器、酸素投与、挿管、緊急薬品(硫酸アトロピン、ノルエピネフリン、塩酸リドカインなど)の準備を行っておく

検査の一般的な流れ

  1. 入室
  2. 検査台へ移動し、仰臥位となる
  3. 心電図など各種モニターを装着する
  4. 穿刺部位周囲を消毒する
  5. ドレーピング(滅菌済ドレープ)
  6. 局所麻酔を行う
  7. 穿刺部位よりシースを挿入する
  8. シースからカテーテルを挿入する
  9. 大動脈起始部周囲までカテーテルが挿入できたことを確認し、造影を行う
    • 患者の状態により、右冠動脈・左冠動脈・左室造影などを行う
  10. 狭窄病変が確認できた場合、必要に応じて経皮的冠動脈インターベンションを行う
  11. シースを抜去する
  12. 穿刺部位の消毒およびドレッシングを行う
  13. 砂嚢などにより穿刺部を圧迫し、ストレッチャーに移動する
  14. 退室

合併症

不整脈

  • 大半の場合、カテーテルの操作によって起こる
  • 原因がカテーテルの操作によるものであれば、その操作が終わると共に消失する
  • 稀にカテーテル操作がきっかけで起こった不整脈かが致死的な不整脈に移行する場合もあり、注意が必要である

狭心症の遷延・再狭窄、急性冠閉塞

  • カテーテルの操作が原因で、急性冠閉塞が起こることがある
  • 経皮的冠動脈インターベンション施行後に、再狭窄や狭心症の症状が残る場合がある

動脈塞栓症、脳血管障害

  • カテーテルの操作により、プラークや血栓などが血流に乗り、脳や足の血管などに達することがある
  • 脳血管障害が起こった場合は、意識レベルの低下や嘔気・嘔吐、眼振などが出現するため、緊急にMRIやCT検査を施行し、診断の確定を行い、早期に治療を開始する必要がある
  • 足の血管が閉塞した場合は、冷感、しびれ、足の皮膚変色などがある

心タンポナーデ、冠動脈穿孔、心破裂

  • カテーテルの操作によって冠動脈穿孔が起こり、心タンポナーデに至る場合があり、その際は緊急で心嚢穿刺を施行する

造影剤、使用薬剤による薬剤アレルギー

  • 発疹、掻痒感、呼吸苦、悪心・嘔吐などの症状が出現する
  • 検査中、皮膚トラブルは全身にドレープがかかっており発見しにくいため、検査終了時に確認をする

穿刺部の出血

  • シース挿入の際に血管が傷ついた場合や、抜去後の止血不良が起こった場合、出血や血腫、仮性動脈瘤、動静脈瘻が生じる可能性がある

穿刺部の感染

  • 検査中に清潔操作が不十分だった場合は、穿刺部の感染が生じる場合がある
  • 検査後 シース抜去後の止血が確実にされているかの観察を十分に行う

注意点

検査中に疼痛、排尿、緊張を我慢すると、副交感神経反射が起こり、血圧低下、徐脈、嘔気・嘔吐、顔面蒼白が起こる可能性があるため、患者には我慢しないように説明すると共に、十分な観察を行う
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!