看護師を悩ませる病院独特の人間関係とその対処法 -対 医師編-

a0001_002755

医師・看護師をはじめ、医療業界ではチームワークが非常に大切です。コミュニケーションをうまくとりあい、互いを尊重しあうことで患者さんへの気配りや、心のこもった医療を提供することができます。しかし現実には、人間関係に悩みを抱えている方が多いようです。

また、医師との関係にはセクハラなどの異性関係の悩みが多く、さらにその噂が同僚の看護師仲間に広まり、パワハラなど同性関係にもヒビが入ってしまったケースもあるようです。

それでは、実際医師との関係性についてどのような悩みを持っているのか、いくつか事例をご紹介します。

セクハラ

医師との悩みで、一番多かったのはセクハラでした。セクハラのターゲットとなってしまいがちな看護師は、次の2パターンに分かれます。

転職などで勤務した新人看護師
周りの環境に慣れていない状況下で、優しい言葉をかけてくれる医師に安心して、頼りはじめ、その後どんどんセクハラに発展していったケース。
若い看護師
たいていの場合、年下の若い女性は可愛らしく見えるものです。他の看護師と差別し、度が過ぎてしまうケース。

法律でも1997年に、セクシャル・ハラスメント(セクハラ)防止のための事業主(企業)の配慮義務が規定されておりますが、就業規則に記載されていないなど、決められていない企業が多いのが現状です。

とはいえ、法律も改正される位、現代の日本において重要な問題になっているので、相談する前に、まず証拠を集めることが重要です。セクハラは被害者が不快に思った時点で対象となるため、相手や周りを説得し味方につけるためにも、場所・時間・言動・行動を細かく記憶しておくことが、解決への近道です。証拠が集まった時点で同僚や第三者に相談しましょう。

パワハラ

同性に多いイメージですが、実は異性でもパワハラを受けている方が多いようです。暴言を吐かれたり、看護師からの相談や依頼をわざと無視したりする行為は、患者へも危険を及ぼし、事故にも繋がりかねません。

パワハラを起こしやすい人は、仕事などで思い詰められている人が多く、また地位的にもストレスのはけ口が少ないために、部下に当たってしまう人が多いようです。パワハラとは、弱い自分の部分を守るために防御をするとっさの行動です。被害にあっているレベルによりますが、自分自身が相手よりも一歩大人だと思い、コミュニケーションを築いていけば、態度が落ち着く場合もあるのではないでしょうか。

とるべき対応は

セクハラ・パワハラともに共通して言えますが、泣き寝入りすることが一番よくないことです。自分が辛いのであれば、何が・どうして辛いのかをまとめて上司に相談するべきですね。

仮に、看護師長や事務長に相談しても、医師の指示通りにしなさいなど、上長にも取り合ってもらえない場合は、その場で解決するのが難しい可能性があります。相談センターなどに相談したほうがよいかもしれません。場合によっては、転職してしまうのも一つの方法です。

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリアに強い
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 ナースではたらこ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る
当ウェブサイトではサイトの利便性の
向上のためにクッキーを利用します。
We use cookies to enhance your visit to our site.
同意して閉じる
ACCEPT & CLOSE