海外の看護師事情 中国や韓国などアジアの看護師求人について

a0055_000938

日本では、常に人員不足が指摘されている看護師業界。海外での求人・募集状況はどのようになっているのでしょうか?

海外で看護師として働くためには、国によってルールがあります。イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどでは、外国の看護師資格を所有する看護師に登録制度という優遇される措置があり、その国の看護師資格を発行しています。

登録制度はその国の語学力を一定基準満たし必要書類の提出するなど、国よって内容は様々です。その他の国では基本的にその国の看護師資格試験を受け、免許を取得することが必要になります。

今回は日本に隣接する中国や韓国などのアジア諸国の看護師事情について見ていきたいと思います。

韓国

韓国は、日本よりも高齢化の進行が早く、看護師不足は再重要の問題として挙げられています。ベッドに対する看護師比でみると、日本よりも1割程度低い割合になっています。

不足している原因としては、結婚・出産による離職者が多く、過酷な労働や安い給料などを理由により、再就職を希望する人が少ない事が原因と言われています。

しかし現在では、外国人看護師の採用検討も進んでいる様です。

中国

中国では、2012年時点で約7千人の看護師の欠員が埋まっていないと言われていました。

看護師不足の結果の一例として、入院した際の患者の身の回りのお世話(体拭きやトイレ)は患者の家族が行わなければいけない病院が存在するほど深刻な看護師不足に陥っています。

不足している原因としては、韓国や日本と同じ様に安い賃金での過酷な労働・ストレスと言われています。中国国内で看護師の離職者が増える一方、アメリカなど海外で活躍する看護師が増えています。

海外に出て看護師として働く

日本同様に世界の多くの国でも看護師不足が問題になっている国が多い様です。

紹介した国で、共通している主な問題としては、看護師を育成する環境が整っていないことやや過酷な労働条件が挙げられます。
最適な看護を提供する為には、まず看護師自身を大切にする環境作りが不可欠です。

日本国内だけでなく海外でチャレンジしたい!という方は、上記の国以外にも、海外からの受け入れを積極的に行っている国は多くありますので、希望する国での必要資格・条件を調べてみるといいでしょう。

 おわりに

世界の看護師事情として、アメリカ・イギリス・オーストラリア・カナダなどの看護師事情はこちらの記事でも紹介しています。

⇒ 世界で活躍する看護師事情

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナース人材バンク 詳細はコチラ
5位 看護プロ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップ
総合トップに戻る